上海のインターネット環境 Google mapが見れないって本当!?

上海

上海のインターネット環境

上海は中国なのでGoogleはまったく見れません。

なので色々ブックマークしておいたGoogleマップももちろん役に立たずでした。

香港のシムだとGoogleをみれるとか、見れないとか…真実はまだ知りません。

Googleマップはあらかじめ日本でお気に入りなどでMAP上に⭐️や❤️をつけておきます。

そして中国でネット環境でGoogle MAPを開けないようにします。

するとネットが繋がっていない状態でGPSのみで歩いている位置をなんとなく把握することはできました。

追記:google mapをあらかじめローカルに落としておくとインターネットが繋がっていない場所でも経路を検索できます。

日本であらかじめ上海のmapをダウンロードしておくことをおすすめします。

アメリカではこれでいけました。上海でもしネット環境に繋がってしまってGoogle mapがおかしくなってしまったとしてもダウンロードしておけば大丈夫だとは思うのですが…

上海のWi-Fi事情

あと基本的にWi-Fiはたくさん飛んでいるのに、電話番号を入力しないといけないので、中国のケータイを持っていないと使えなかったです。

と言うわけでWi-Fiも借りてなかった私たちはほぼネットに頼らない旅になりました。

インターネットなしの旅なんて考えられない人は

日本であらかじめWi-Fiを借りて行くことをおすすめします。

イモトのWi-Fiを借りたことがありますが快適だったのでおすすめです。

Wi-Fiレンタルの際に気をつけなければいけないことがあるのでこちらをご覧ください。

Wi-Fiレンタル知らないとやってしまう失敗例

上海ホテルのWi-Fi環境

中国のWi-Fiは基本的に使えないとはいっても唯一ホテルではWi-Fiが使えましたので、

あらかじめ行きたいとこは調べてスクショしてから動くといった感じでした。

駅から遠くないホテルだったので、疲れたら休憩がてら戻って調べて、また動くといった感じです。

フリーSIM端末の利用

最近は日本でも珍しくなくなってきたSIMフリー端末

ネット通販でも、ケータイ屋さんに行っても買えますが、最近はauやsoftbankなどのキャリアで買ったi phoneを利用し始めてから半年くらい?キャリアごとに決められている期間が経過すればSIMロック解除つまりSIMフリー化してくれますよね。

中古でもSIMフリーのi phoneはよく見かけますし、機種変をする前にSIMフリー化できる場合はしておくことをオススメします。

契約が切れた端末はSIMフリー化できないはずです。

またアップルのケアサポートも受けられなくなりますので、修理などしておいてから機種変してけば海外にいく際に役立つはずです。

こんな風にSIMフリーの携帯端末を持っていれば、海外に行く時には大変便利です。

行く国に合わせてSIMをインターネットで購入することができます。

アマゾンで簡単に見つけることができますよ。

上海で使えるSIM

sim1.png

sim2.png

購入はコチラ

3G

sim3.png

こんな感じです。

設定の仕方などは慣れるまでは悪戦苦闘することもあるかもしれないので、

サポートなどが必要な方は楽天などでサポートがありそうなショップから購入するといいかもしれませんね。

これらのSIMカードの利用にはSIMフリー端末が必要です。

日本でも海外でも売っていますので、自分好みを探してみてくださいね。

海外で購入した場合にはSIMの設定がわからない時はSIMカードを購入したお店でやってくれることもありますよ。

ケータイの購入

長期間現地に滞在する場合は、海外でケータイを購入すると行った方法もあります。

しかし内容的には上記とほぼ同じです。

海外ではキャリアと契約して月学料金を払うという仕組みは珍しく

基本的にはSIMフリー端末にSIMを買って入れると行った感じになると思います。

インターネットがない旅もたまには楽しいものですが、

お仕事上インターネットが必須な方もいると思いますので

自分にあった方法で旅を楽しんでくださいね🎵

タイトルとURLをコピーしました